住宅ローン繰上返済「期間短縮or減額」

2019年05月27日

0527

 

お得なのはどちら?

 

 

繰上返済は、まとまった金額を毎月の返済額とは別に返済することをいいます。

繰上返済した金額は、基本的にはローンの元金に充てられるので、その後の金利も減り、ローンの負担が大きく減ることになります。

特に、早い時期に繰上返済すると、支払う利息も大幅に減る事になります。

また、返済期間の長いローンほど、負担軽減効果は大きくなります。

 

 

ただし、金融機関や住宅ローンの種類によっては、繰上返済手数料がかかる場合もあるので注意が必要です。

また、繰上返済しすぎると手持ちの資金がなくなってしまい、将来的に家計が破たんしてしまうリスクもあるので、将来必要となる教育費などは貯蓄しながら予備費として最低でも毎月の生活費の半分程度は残しておく方が良いでしょう。

 

繰上返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」があります。

期間短縮型は、毎月の返済額はそのままで、現金と利息が減った分、期間が短縮されるものです。

一方、返済額軽減型は、繰上返済後も返済期間は変えずに毎月の返済額を減らすものです。

 

どちらもローン負担を軽減できますが、同じ金額を繰上返済するのであれば、期間短縮型の方が金利の負担軽減効果は大きくなります。

たとえば、借入額3,000万円、金利3%、返済期間35年の住宅リーンを11年目で1,000万円繰上返済した場合、期間短縮型にすると、返済期間が約17か月短くなり、総返済額は当初予定金額よりも約110万円少なくなります。

一方、返済額軽減型の場合には、月々の返済額は約5千円少なくなりますが、総返済額は当初予定額よりも約40万円少なくなるだけとなります

 

ただし、期間短縮型で繰上返済しても毎月の返済額は変わらないので、日々の生活が楽になるわけではありません。

また、期間を短縮しすぎると借り換えができないこともあるので、安易に期間を短縮するのは危険です。

 

 

返済額軽減型は、収入減少や支出増加の場合、固定金利期間選択型ローンを利用している場合で選択期間終了などで、家計の負担を軽減したいときに利用すると良いでしょう。

 

 

ご不明な点はOKUTA不動産エージェントまで、お気軽にお問い合わせください。