【相続税】課税or非課税

2019年06月10日

180707平山

相続税は、亡くなった人(被相続人)の財産を、相続や遺贈(遺言によるもの)によってもらった場合は、取得した個人に対して課せられる税金で原則として、相続開始から10ヶ月以内に申告・納税する必要があります。

 

 

相続財産には、相続税がかかる財産とかからない財産があり、相続税の計算上、遺産総額に含まれる財産には、現金、預貯金、有価証券、宝石、土地、家屋などのほか、貸付金、特許権、著作権など、金銭に見積もる事ができる経済的価値のあるもの全てに加えて、死亡保険金や死亡退職金、被相続人から死亡前3年以内に贈与により取得した財産、相続時精算課税の適用を受けた財産があります。

 

 

一方、死亡保険金や死亡退職金のうち一定額、墓地や仏壇等、宗教・慈善・学術等の公益事業用財産、心身障害者共済制度に基づく給付金を受ける権利などは相続税がかからない非課税財産となるほか、債務や葬式費用などは遺産総額から差引くことができます。

 

相続税の課税価格を計算するには、遺産の価格を出す必要があります。

 

このとき、不動産や株式など現金以外の財産は時価で評価するが実務的には、それぞれ定められた評価方法で価格を算出します。

 

 

たとえば、土地は、路線価方式または倍率方式により評価額を出します。

 

ただし、貸宅地(賃貸している土地)については、路線価方式もしくは倍率方式により求めた自用地(自己所有で完全所有権の土地)の評価額に、地域ごとに決められた借地権割合(更地評価額に対する借地権価格の割合)を控除した底地割合、つまり「借地権割合」を掛けて求めます。

 

このとき、相続した土地が、被相続人または生計を一にしていた親族の居住用や事業用だった部分には、一定面積までの部分は通常の評価額から一定割合を減額する特例があります。

 

 

一方、建物については、固定資産評価額の1.0倍で評価します。

 

ただし、貸家については、その建物の固定資産税評価額に借家権割合と賃貸割合を乗じた価格を、その建物の固定資産税評価額から控除します。

 

 

不動産に関わる税金問題等、お悩みの点がございましたら

OKUTA不動産エージェントまでお気軽にご相談ください。