住宅ローン「借入可能金額を増やす方法」

2019年07月01日

1809平山

住宅ローンの借入額が希望金額に足りない場合など、諦める前に下記の方法が出来ないか検討されると良いと思います。

 

まずは、夫婦や親子のペアローンを利用するという方法もあります。

 

夫婦や親子で、いずれにも収入がある場合には、それぞれの収入に応じて住宅ローンを借りることが出来ます。

 

1人だけの場合よりも、多額の借入が可能となるうえ、要件を満たせば、それぞれが住宅ローン控除を受けられます。

 

また、ペアローンではなく、収入合算ローンを利用するという方法もあります。

 

これは、世帯主の収入に配偶者の収入を加算して、収入額をアップさ

せて住宅ローンを借りる方法です。

 

合算については、配偶者の年収の全額を加算出来る場合、半額のみ加算出来る場合など、金融機関によって異なりますが、フラット35の場合には全額合算が出来ます。

 

親子や夫婦など、それぞれが収入に応じて住宅ローンを借りる場合には、それぞれが住宅ローン控除を受けることが出来ます。

 

また、ペアローンではなく収入合算ローンを利用する場合でも、連帯債務者となれば収入合算者も住宅ローン控除が受けられます。

 

 

住宅ローンも各金融機関によって異なるので、ご自身にあう住宅ローンを選ぶことをおすすめします。

 

 

ご融資のお手伝いもOKUTA不動産エージェントにお任せください。