ドアと引き戸・・・どちらが良いの?

2019年07月15日

0715

日本家屋に使われている引き戸は実に効率の良い建具です。

 

引き戸とは、溝やレール上を滑らせて開閉する戸のことです。


溝やレールのない上吊り式もあり、 襖や障子、雨戸などの引き戸は、日本家屋にとって馴染み深いものです。

 

ドアと比べ、開け放した状態にしやすく、扉の開閉によるデッドスペースもありません。

そのため、キッチンと洗面室を結ぶ出入り口などに、よく設けられています。

 

引き戸は日本の気候によく考えられています。
それは高温多湿の夏、いかに風を通し住まいを快適にするかという難題を見事に解決しています。

 

ほんの数センチ開けておくだけ風が通り、室内のプライバシーは保たれますがドアはこうはいきません。

 

開けるか閉めるかのどちらになります。

 

近年では壁の中に収納できる引き戸もあります。

 

引き戸のメリット

 

1.扉を開けた時に開き戸(ドア)のように可動域で場所を取らないので邪魔にならない

 

2.扉を開けた時に扉が壁の中で納まるので、解放感 を出しやすい

 

3.開閉する際、開き戸より身体の動きが小さくて済むので、高齢者や身体の不自由な方にも使い易い。

 

4.風でバタンと締まることがないので通風しやすい

 

5.開きかけの状態で少し開けておくことが可能

 

6.最近の引き戸は「ストッパー(ソフトクローザー)」が取り付けて

あり、音もなくゆっくり閉まる

 

 

引き戸のデメリット

 

1.気密性が取りにくい。

気密性が低いということは、隙間風が入りやすく、音がもれやすいということ。

 

2.引き戸の床のレールにゴミが溜まりやすい(→最近の引き戸は吊り下げ式が多いのでこの問題は該当しないことが多い)

 

3.子供が指を挟みやすい(→これもストッパー(ソフトクローザー)でほぼ解決されている)

 

4.引き戸は開き戸に比べると、扉枠の量(引きスペース)が倍になりスペースが必要(→スペースの制約が大きいマンションで「開き戸」が多用される一番の理由)

 

5.引き戸の引きスペースがあると、付けたい場所にスイッチやコンセントが付かない場合がある。

 

 

建材の工夫・改良進化は目覚ましく、「引き戸」のメリットを目いっぱい活かしたリフォーム・リノベーションをすると「開き戸」以上に快適・おしゃれな生活が可能となります。

 

リフォームをお考えの際には建具の種類を替えることで使いやすさが変るのではないでしょうか。

 

小さい工事からフルリノベーションまでワンストップでお手伝いいたします!!

 

 

お気軽にお問い合わせください。