【融資】借りられる金額の思わぬ落とし穴

2019年08月16日

0816

最近では、住宅ローン制度が充実しており、

住宅金融支援機構、銀行など様々な金融機関からの借入が可能となっております。

 

借入可能額を計算すると、金利3%、返済期間35年の場合には、年収400万円で約3,000万円も借りられることがわかります。

 

このように、いくら借りられるかという計算をすると、意外とたくさん借りられると感じるのではないでしょうか。

 

ですが、借りたお金は返さなければなりません。


したがって、大切なことは、いくら借りられるかでローンの金額を決めるのではなく、家計上、余裕を持って返せる金額はいくらかという観点から、ローン金額を考えるということです。

 

一般的には、毎年の返済額は年収の25%以下に抑えることが望ましいといわれています。

 

ただし、当然のことながら、同じ返済額でも年収によって家計の余裕は違うので、年間返済額の年収に対する比率の上限は、年収の高い人ほど高くても大丈夫だが、年収の低い人は低く設定する必要があります。

 

現実的には、現状の生活費から無理のない返済可能額を考えると良いと思います。

 

すなわち、現状の毎月の家賃、駐車場代、住宅購入のための貯蓄額の合計が、新居購入後も無理なくローン返済にまわせる金額と考えられます。


ただし、新居購入に伴い、管理費・修繕積立金・駐車場代・駐輪場代・固定資産税・都市計画税等が新たにかかることになるので、これらの金額は差し引く必要があります。


なお、厳密には、新居の方が電気代、ガス代などの水道光熱費が上昇する傾向にある等、その他の出費についても考慮する必要があります。

 

また、返済可能期間についても、借入可能期間ではなく、将来の事を考えて「定年時の年齢-現在の年齢」でローンを組まれる方もいらっしゃいます。


ご自身に一番良い住宅ローンを組むことが無理のない借入をすることとなり、購入した家に快適に住むことに繋がるので、現状把握からしっかりと確認していくことをお勧めします。

 

 

住宅ローンのご相談もOKUTA不動産エージェントにご相談ください。