「ニュータウン」その街は生き残るのか?

2019年10月07日

170307平山

「夢のニュータウン」の行く末について取り上げている記事をよく見ます。

 

各地に点在するニュータウンが今後危ういのではないか?

 

そもそもニュータウンとは何でしょうか?

ウィキペディアによるとニュータウンの定義は下記になるようです。

 

※参考

日本のニュータウン

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3

 

日本におけるニュータウンの定義について、国土交通省は「1955年度(昭和30年度)以降に着手された事業」「計画戸数1,000戸以上又は計画人口3,000人以上の増加を計画した事業で、地区面積16ha以上のもの」「郊外での開発事業(事業開始時に人口集中地区(DID)外であった事業)」の条件を満たす住宅地として開発された地域をニュータウンと定義している

 

高度成長期、人口増加に伴う住宅不足を解消するために、郊外に新設された住宅団地。ベッドタウンとも呼ばれます。

 

しかし、これからの人口減・家余り時代では、人々はより都市中心部に住居を求め、あえて郊外の住宅団地を選択する能動的な理由がありません。

(いわゆる田舎暮らしは別テーマとします)

初めの記事にもありますが、多くの住宅団地は最寄駅からバス便であることが多いです。

坂のある街なんかだとバスの存在は死活問題だったりします。

 

しかし、同じ時期に供給された家が集まる住宅団地に家を持つ人も、同じようなタイミングで高齢化が進んでおり、住宅団地の空き家問題が顕在化しています。

(長期にわたって供給された住宅団地もあるので、ニュータウン=空き家ではありません)

 

人が減り、高齢化が進んだ街からやがてバスも撤退してしまいます。こうして陸の孤島が各地に生まれるのではないかというのが「ニュータウンの将来やばい説」です。

 

車があるから大丈夫、ではなく、車がなくても困らない街選びが大切です。ニュータウン問題は先人による負の遺産です。

行政としては解決しなければならない重要な課題ですが、これから家を買う消費者がその問題にあえて巻き込まれる必要はありません。

 

これまで以上に家選びではなく、土地選びが重要となる時代です。

上物の善し悪しに惑わされずに、将来に渡って人が集まる街を冷静に選択したいと思います。

 

 

お家探しはOKUTA不動産にお任せください!