不動産の維持管理

2019年10月21日

1021

日本は人口減・家余り時代に突入しています。

そのことを表すニュースが出ていました。

 

「命の危険感じる」近隣住民襲う竹林 相続の80代、資金が底…管理に限界

 

放棄は法で認められず記事は福岡市の事例で、竹林を所有している人が管理コストを捻出することができなくなり、放置した結果、隣接する住宅へ竹が落ちるなどの事故が起きてしまっているというものです。

 

「所有者のない不動産は、国庫に帰属する」という概念が一般的な気がしますが、実際は負担を国に押し付けることは通用しないという判例のようで、不動産は一度所有してしまうと簡単には捨てることができないことを実感させられる記事だと思います。

 

極端な高齢化は着実に進行し、不動産の処分が社会問題として顕在化します。

ただ、これまた極端な少子化によって家を買う人が減っているため、かつてのような古くなったら壊して新築、というのは難しくなっています。

程度の良い中古物件も増えていますし、インスペクションや瑕疵保険など中古住宅でも安心して購入できる仕組みも整備されています。

 

日本の住宅業界には、家を買うなら新築という信仰が根強く残っているのですが、もはやこれから家を買う人にとって新築という選択はそれほど魅力的なものではないかもしれません。

 

買う人が減っても家を売らないと住宅業者は食べていけないので、あの手この手で消費者へPRします。

 

そういった事業者が、多少難ありな土地でも周辺相場に比べると格安だといって危ない土地を勧めたりするわけです。

中古も建て売りも要注意ですね。

 

安いものには理由があるということです

 

戸建てを希望される方は、将来に渡ってリスクが少ない土地なのかをよく検討する必要があると思います。

 

OKUTA不動産では、建物情報だけでなく、土地の善し悪しについても積極的に情報提供いたします。

 

お気軽にご相談ください。

 

不動産のことならOKUTA不動産へお任せください!