「割安な物件はどう見つけるのか?」

2019年05月10日

0510

お客様からよく出る質問で、  

 

「どうすれば割安な物件を見つけられますか?」

 

 

回答の難しい質問です。。。

 

 

 

なぜなら、売主様は一般的には少しでも高く売りたいという思惑があり、最初から相場より割安で売る理由がほとんどないので、一般消費者の方が割安な物件を目にする機会が非常に少ないからです。

 

 

但し、全ての売主様が価格最優先とは限りません。

売主様がなんらかのご事情で住み替え等の際の売却であれば、「高く売って儲けよう」という発想の方ばかりではありません。個別判断や諸事情で手放してもよい金額の目安を持っていたりします。

 

 

一般消費者の方がどうやって手に入れるのか。これは毎日マメにネット情報をチェックしていても残念ながら中々出会えません。

 

 

理由は、①本当に安い物件は、不動産事業者間で売買が成立してしまう。

 

 

②自社の顧客に情報を先に提供し案内してしまう。等の理由から、売却を早々に済ませてしまい、表に出てこないケースが多いからです。

 

 

インターネットに出ている情報で、「この立地でこれは割安かも」と感じる物件があったとしたら、「安い理由」が必ずあるといってもいいでしょう。

 

一般的には、土地が借地権、古屋付き(建物の状況が悪くリフォーム費用がかかる)、違法建築、土地の間口が狭い、陽当たりは悪すぎる、管理費等毎月のランニングが高すぎる・・・等、理由は様々。

 

これがよくある「安いと思って買ったら、実は〇〇だった・・・」という失敗につながるケースの一つでもあります。

「安かろう悪かろう」は避けたいですよね。

 

 

もし、安い理由が特段ない物件が出ていた場合は、即断即決しないと買えないものが多いでしょう。

 

他のお客様も割安だと思って最初の週末で内覧者5~10組等重なったりすることが現場で良くあります。

 

その際は、ローンが事前に通っている事やその場で購入決定をしないと勝てません。

 

そんな中、初めて住宅を購入しようとする人が、はたしてその場で即決できるでしょうか・・・

 

 

お勧めする購入の仕方としては、

割安な物件を探し求めていくのではなく、資産価値の高い物件でこれなら購入してよいというものを価格交渉した方が良いです。

 

価格が安いとみんなが割安かもと思い、集中してすぐに結論を出さなければなりません。

 

そうなる前の物件をじっくり検討した方がいいですね。

 

例えば、5,000万円の予算であれば、4,980万で出ている物件より5,280万円等で売っている物件の方が良い物件だという事が多く、その物件を価格交渉して購入した方が結果的に良い場合が多いです。

 

 

消費者はそれぞれ自分の予算を持っており、4,000万、4500万、5000万、5500万等、500万円ごとにネットで上限を決めて検索する人が多いのです。

 

5,000万円以下の予算の人であれば、5,000万超の物件を探すことは少なく、5,000万円超で売っていた物件が、ある日価格改定で4,980万円で売りに出たとなれば、5,000万円以下で探していたお客様(ライバル)には、新着のように見えます。

 

そして、お客様が集中し、すぐに決まってしまう事が多いのです。

 

 

ご自分の予算より5%ぐらい上の価格までみておき、我々が価格の妥当性を精査、その上、価格交渉をして妥当なラインまで安くなれば購入する。これが結果的にはお得な買い方の一つかと思います。

 

 

ご自分独自で価格の妥当性等を検証するのは難しいと思います。

 

 

 

住宅購入失敗しないためにも我々エージェントに気軽に相談下さい。