住宅ローンの審査って厳しいの?

2019年10月28日

0527

 

住宅ローンを借りるためには先ず、審査に通らなければなりません。

 

審査の申込みにあたっては、源泉徴収票、納税証明書、売買契約書などの書類一式を金融機関に提出する必要があります。

 

フラット35には、最低年収や申込時の年齢制限はあるものの、職業や勤務先などによる制限はありません。

 

しかし、一定の技術基準に適合した住宅など、質の良い他店の出なければ借りることができません。

 

なお、財形住宅融資の要件については、財形貯蓄を行っていれば、借入限度額以外はフラット35とほぼ同じとなります。

 

一方、その他の民間住宅ローンは、一般に、建物に対する制限があまりないのですが、人に対しては厳しく審査を行います。

 

最低年収のほか、勤続年数や勤務形態も問われます。会社員の場合には、会社の決算状況までも審査の対象となる場合もあります。

 

また、団体信用生命保険に加入する事が要件となっている場合には、健康状態が良好でなければなりません。

 

なお、定期借地権の場合の借入は難しい場合が多く、建築基準法に適合しない物件については、通常、借入をすることは出来ません。

 

新築住宅を建設する場合のフラット35の手続の流れは、借入審査結果通知後、設計検査に合格して着工となります。

 

また、中間現場検査、竣工現場検査といった施工に関するチェックも厳しく行われます。

 

フラット35の場合、一定の技術基準に適合する必要がありますが、さらに良質な建物の場合にはフラット35Sも利用が出来ます。

 

住宅ローンといってもかなり数が多く、個人で調べるのはとても大変かと思いますが、住宅を選ぶ事と同じくらい住宅ローンを選ぶ事も重要です。

 

知らなくて損をしてしまう事のないよう、事前にお調べしておくことをお勧めします。

 

銀行ローン手続きもOKUTA不動産エージェントがお手伝いいたします!