危険なブロック塀のチェックポイント!

2019年11月15日

1115

大阪北部地震でおきたブロック塀の倒壊、このブロック塀は建築基準法の施行令で定められたブロック塀の強度を高める「控壁」がなかったということで倒壊したことが発表されています。

 

あぶないブロック塀のチェックポイント

 

1.塀が傾いていたり、手で押すとグラツキがあるものは、少しの揺れで塀が倒れる危険性があります。

 

2.ひび割れがある場合、その部分から雨水が入り 中にある鉄筋を錆びさせ、長い間に鉄筋がなくなってしまう可能性があります。

 

3.ブロックの厚さが10cmの場合は塀の高さは2.0m以下、15cmの場合で2.2m以下と定められています。

(高い塀は強い地震の揺れで倒れ易くなります)

 

4.高さが1.2mを超える塀では控壁が必要です。その間隔は3.4m以下で、この間隔が広すぎたり、控壁がない場合は、強い地震の揺れで倒れ易くなります。

 

5.配筋用のエグレのない透かしブロックは必要な鉄筋が入りません。したがって、鉄筋の入っていないこのような塀は強い地震の揺れで倒れ易くなります。

 

上記のような塀がご自宅にあるようでしたら各市町村の相談窓口や、信頼のおける工事店または建築士などの資格の持った人に相談をして下さい。

 

わたしの通勤途中にも控壁がないブロック塀がありました。

 

ブロック塀は素人でも造れてしまいますが非常に危険です。

 

ブロック塀の施工は建築施工管理技士、ブロック建築技能士、コンクリートブロック工事士などが指導する施工業者に依頼して安全な塀をお願いします。

 

参考資料

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/life/153811_50826159_misc.pdf

 

不動産からリフォームまで全てOKUTAにお任せください。