祖父の思い出と生きる家

2020年02月23日

祖父の思い出と生きる家

112

物件データ

建物種別 戸建(実家・親類宅)
間取り -
施工費用 14,000,000円
工期 60日間
築年数 65年
施工面積 63m²
物件面積 -
施工先住所 埼玉県川口市
邸名・家族構成 Yさま邸・大人2人,子ども1人

家づくりのご要望・目的

子供の頃によく遊びに行った、大好きな祖父の家を譲り受けることになった30代のお孫様ご夫婦。築65年で手を加えなければいけない構造体以外は、なるべく祖父との思い出を大切にされたいとご要望でリフォーム。まず、昭和の雰囲気が味わえる素材、インテリアを提案。リフォーム前は土壁だったため、LDは珪藻土を、床材や建具は暖かな温もりを感じやすい桐へ。長い年月を経て、黒光りした既存の柱に合わせて、深い茶色の自然塗装を使用。空間を少しでも広く感じるよう、3mの天井高を確保。梁を見せて古民家の味わいを深めました。屋外にあった浴室を、広々とした脱衣場のある屋内の浴室に変更し、快適さと祖父との思い出が詰まった空間へ。