農機具小屋のリノベーション

2020年03月15日

農機具小屋のリノベーション -カリフォルニアスタイル&子育て向きの間取り

482

物件データ

建物種別 一戸建て
施工費用 16,000,000円
工期 90日間
築年数 30年
施工面積 133m²
施工先住所 埼玉県
邸名・家族構成 Gさま邸・大人4人+子供1人
採用した商品

キッチン
 :システムキッチン ペニンシュラI型 (トクラス) 

トイレ
 :タンクレストイレ ココレ (LIXIL)

洗面室
 :手洗い水栓・洗面ほか (LIXIL)

 

家づくりのご要望・目的

農機具小屋を 赤ちゃんと暮らす新しい家にリノベーション!

奥様のご出産を機に 心配なご祖母様・お母様と 一緒に暮らしたいと考えはじめた G様ご夫婦は かつて農家を営まれていた 奥様のご実家にある 今は使われてない農機具小屋に移り住むことをご決意されました。
ご出産に間に合うよう完工スケジュールを組み 隣接する母屋との動線も整えながら 1階は農具用の物置兼事務所・2階は居室になっている農機具小屋を 子育てのしやすい新しい家に造り替えていきます。

 

ビフォー・アフター

農機具小屋の間取りを見直して デメリットを解消

ご夫婦がリノベーションを図る「農機具小屋」は 木造2階建ての母屋の隣に 30年前に増築された建物です。
天井が低く 北側が母屋側に下がっている という問題が出ていたため LOHAS studioは 間取りをいちから見直して デメリットを解消することにしました。
 

自然の恩恵を得て暮らす 快適なロハススタイル

間取りプランでは 自然の力を上手に取り入れる 『ロハス』をテーマに設計案をご用意しました。
LDKやキッチンの配置は 日の出から日没まで明るく過ごせる東側へ。 リビングの延長には ウッドデッキを造作して ベンチ・テーブルを設置。 お子さまとの日光浴のほか 夏の夕涼みにも最適な 自然を感じるセカンドリビングを造りました。 採風面では 建具を開ければ 北側から南側に風が流れるように計画しています。
このように自然の良いところを活かしつつ 床・壁・天井に断熱材アクリアを 窓にインナーサッシを施工して 快適な温熱環境を確保。 夏冬の極端な温度変化に影響されにくい過ごしやすい室内が完成しました。
インテリアデザインは ご夫婦がお好きなカジュアルなカリフォルニアスタイルへ。 ご夫婦はもちろんのこと 生まれたての赤ちゃんや 母屋でお暮しのご祖母様やお母様をお迎えしても 心地よく過ごせる 上質なリラクゼーション空間が生まれています。
 

子育てをちょっと楽にするアイデアをプラス

バリアフリーに造作した邸内には 子育てに便利なアイデアをいくつもご用意!
そのひとつは LDKの畳スペース「小上がり」。 お子様を見守りながら家事やちょっとしたティータイムができるレイアウトです。 寝転んでも気持ちいい畳スペースはおむつ替えにも便利ですね。
白いペニンシュラタイプのキッチン内は 小さなお子様が開けにくい クローズドタイプの"引き出し"型。 キッチンの事故を未然に防ぎます。 LDKの床は 耐久性に優れ 重厚な雰囲気の無垢ホワイトオーク材を施工。 素足でいたくなる優しい肌触りです。

収納面では 洗濯機も同居する大型のパントリーや奥行の深い玄関収納のほか トイレや洗面室といった小さめの個室にも収納を数多く造作しました。 将来にわたり 多くの品物をたっぷり収める収納力です。
気がかりだった母屋下がりの不具合は パントリー水回りの場所を変えることで解決を図れました。

 

 

アウトドア気分で過ごす ウッドデッキのセカンドリビング

軒下に造作したウッドデッキは G様邸の第2のリビングです。 曲線の壁で目隠しをして 外からの視線を上手にカットしているので お子様の水遊び後の着替えや部屋着でのひとときにも安心です。 家族そろって一日中季節を楽しめる絶好のロケーションが完成しました。

 

欲しいところにモノがある!たっぷり使える大き目収納

「今、これが使いたい!」その時 スムーズに欲しいものが取り出せる『適材適所』の大きな収納です。高さ・幅に工夫してデッドスペースを上手に使い切りました。