アーチでつながる家族の笑顔

2020年03月19日

アーチでつながる家族の笑顔

481

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り 2LDK(子世帯部分のみ)
施工費用 16,000,000円
工期 90日間
築年数 27年
施工面積 93.18m²
物件面積 186.36m²
施工先住所 東京都
邸名・家族構成 Uさま邸・大人2人+子供2人(子世帯)
採用した商品

キッチン
 :システムキッチン AS (LIXIL)

浴室
 :ユニットバス サザナ(TOTO)
 
洗面室・トイレ
 :洗面化粧台 ビアラ (LIXIL)
 :便器 ネオレスト(TOTO)

 

家づくりのご要望・目的

ご実家・二世帯住宅の空フロアを自分好みにリフォーム

二世帯住宅のご実家に移り住むことにした U様ご夫妻。
お子さまが生まれ家族構成も変わったため 「賃貸住まいから持ち家のご自宅で落ち着いて生活したい」 と
ご祖父母様が他界されて空き室になっていた ご実家の1階フロアを リフォームして入居しようとお決めになりました。
1階のウィークポイントだった 北側の寒い位置にある独立したキッチンを リビング内に移動して ご家族でお話ししながら料理ができる対面式に変更するなど お子さまと暮らす U様ご一家にとって使いやすいご自宅へ改装します。

 

ビフォー・アフター

自然素材で出来た ナチュラルな温もりある家

ご夫婦が描いたリフォームのテーマは 『ナチュラルで木のぬくもりを感じられる、落ち着ける部屋 』。
完成した室内は 無垢フローリングの穏やかな色合いと 珪藻土のほっこりした風合いに包まれています。
 

柱・壁を極力変えず 大きな間取り変更を実現

光がたっぷり届く窓沿いのLDKは 明るく和やかな装いです。
体力壁や柱を極力変えず活かしながら 間取りを大きく変更し 広く快適な空間を造りました。
お打ちあわせの際に 第2子ご誕生のお話しを伺ったこともあり 将来を見据えてリビングは 子ども室を間仕切りできるよう設計しています。 リビング内には お子さまの学習スペースをご用意。 北側にあった 「寒い」キッチンは リビングと向き合う位置に変え キッチンから見える配置に カウンターと本棚を新設しました。
リビングから眺めることができる 開口部を使った優しい半円のフォルムは 素敵な魅せポイントで パントリーの入口と廊下の入口を片側アーチ開口にし ふたつで一対の半円を描くように設計しました。
 

室内性能を改善 オープンフロアでも快適な温熱環境に

窓にはインナーサッシを 床には断熱材・セルロースファイバー、 壁にはアクリアを施工して断熱効果を高めました。 このほか丈夫な金物で 構造補強を行い 意匠性だけでなく 家そのものの温熱環境・耐震といった性能面にも考慮したリフォームになっています。
ご要望のひとつに挙げられていた「収納」は 玄関のシューズクロークや ダイニングの本棚・カウンター等に反映。 家族の使用する時間帯を考えて 寝室の外にもご主人様のウォークインクロ―ゼットを設けるなど 生活シーンを想定しながら便利な工夫を採り入れています。
 

■施主様の声

元々、アーチの出入口などは全く考えていませんでしたが、デザイナーさんの提案を聞くに従い、面白いかもしれないと思い始め、取り入れることにしました。成功だったと思います。プライベートの空間とのゲートという印象でよかったです。また、私自身建築に携わる仕事をしているため、楽しみながら可能な限り自分の考えを入れてもらうようにしました。