男のこだわり棲み家

2020年03月26日

passiv designで実現☆男のこだわり棲み家

478

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り Before: 4LDK →  After: 1LDK
施工費用 20,000,000円
工期 100日間
築年数 51年
施工面積 86.93m²
物件面積 86.93m²
施工先住所 神奈川県
邸名・家族構成 Hさま邸・大人1名
採用した商品

キッチン
 : I型 (トーヨーキッチン)

浴室
 : ユニットバス サザナ(TOTO)

洗面室
 : 洗面ボウル カタラーノ・スター (平田タイル)

トイレ
 : 便器 ココレ (BS)

 

家づくりのご要望・目的

<第34回「住まいのリフォームコンクール」作品部門 優秀賞 受賞>

趣味とこだわりの休日を思い切り過ごせる家へ -脱マンションの選択-

マンションから一戸建てへの 「住み替え」 をご選択された H様。
お求めになったのは ご自身が暮らすのに調度良い大きさの 平屋・一戸建て住宅です。
今までのマンション生活では 上階からの水漏れトラブルや 近隣への細やかな配慮など 数々の制約を引き受けながらの日々でした。

そんな生活を一転しようと 一戸建て住居ならではのストレスフリーの生活を目指します。
「誰かを気にしたり遠慮したりせず 思いっきり自由に趣味とこだわりの休日を過ごしたい…!」
好きな事を自在に盛り込んで 『今 そしてこれから先の ライフスタイルを自由に愉しめるこだわりの空間』 をリノベーションで造ります。

 

ビフォー・アフター

『passiv design -パッシブデザイン-』 で耐震・温熱・防音環境を向上!

築51年・老朽化が進んでいた H様邸では 劣化した住環境の一挙解決に向け 『passiv design』 のリノベーションに取り組みました。
耐震性を上げて安心を 室内の温熱・防音環境を整えて快適さを。 高台の立地を活かし 光と風を感じられる空間構成で H様にぴったりの心地よいデザインを創ります。
 

贅沢? それが正解です! ひとり暮らしに最適なワンフロアの間取りプラン

おひとりで暮らす H様邸タイプの家づくりの場合 家事清掃の時短や安心の面から 部屋数は最小限に ひと目で全体に目が届く 視界の広い間取りプランが最適です。 これを踏まえ邸内では 4LDKを大胆にまとめて 1LDKにする大きなワンフロアの間取りを計画しました。 全体を見通せる贅沢な眺めの中には ゆるやかに役目を分けた "ゾーン"を形成。 食事・音楽・寛ぎなど 生活の各場面を 色や凹凸など視覚的な境界で印象づけました。
たとえば 空間の中心に設けた 『中庭』 は周囲のフローリングと装いの異なる 明るいグレーのレトロ調タイルを敷設。 トップライトとタイルの反射光の相乗効果で 中庭の"ゾーン"が浮かび上がり LDKの一部でありながら 隔たれた特別な印象を際立たせています。
キッチンは 白い下がり壁とダークな床色で コーナーとしての「構え」を明確化。 並んだ 「音楽鑑賞ルーム」 は キッチンの端に化粧柱を立てて境目を示しました。 入り口部の天井を板張りした 入り江のような 「シアタールーム」 は天井の段差と明暗差で 奥のリビング空間が 独立した雰囲気に仕上がっています。 その最奥には 隠し部屋のような 「寝室」 へ向かう動線を造りました。
当初から H様がご計画されていた "こだわりゾーン" の数々は どれもこういった多種・多彩なカタチで 室内に実現することが出来ました。
 

ライフスタイルを楽しめる自分らしい暮らしに

綿密に計算された窓計画で passiv design本来の良さを発揮した 光と風を感じる 心地よい室内を創りました。 防犯面と屋外からの影響を最小限にする目的で 外壁面の開口は極力減らし 外界と視線のぶつからない高さ・大きさで窓を再構成しています。 追加された天窓からこぼれ 挿し込む光の姿までも デザインのひとつ。 ゾーン別に違った表情を及ぼし 邸内に彩りを添えています。
耐震・温熱・防音環境 を改善し 防犯にも対処した 「ライフスタイルを楽しめる 自分らしい暮らし」 がおくれるご自宅が リノベーションで完成しました。

 

「大空間」をカタチと素材で自在に分ける -自分流の暮らし方-
『家の中から「壁」を無くして 空間を広げる。 そのままでも「大空間のご自宅」になりますが LOHAS studioは もう一歩 空間デザインの力で 暮らしやすさを加えます。 柱や色 ときには造作壁を駆使して 生活の各場面をゾーンで切り分け メリハリを付与。 大スペースの中に 生活の動線も「見えて」きて もっと使いやすく もっと素敵に変わります。
 

■施主様の声

思いつくままにショールームやショップを巡って、思う存分検討した設備や素材を採り入れることができました。
(私にとって)まさにこだわりの空間が完成しました。
使い方や動作までリフォーム後の暮らしを常に想定しながら、一つひとつ決めていったので、(引越し前は)それらを使って生活していく毎日が楽しみで仕方がありませんでした。
4LDKをワンフロアにしたことで、どこからでも こだわって選んだアイテムの一つひとつが 眺めて過ごせます。
(実際に暮らし始めて…)
たとえばアイランドキッチンなど お気に入りの品々を見ながら 日々の生活を楽しんでいます。