気楽に過ごせる二世帯ハウス

2020年05月31日

生活リズムが違っても安心! プライベートを確保した 気楽に過ごせる二世帯ハウス

467

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り Before: 4LD・K →  After: その他
施工費用 19,000,000円
工期 70日間
築年数 16年
施工面積 80m²
施工先住所 千葉
邸名 Uさま邸
家族構成 大人3名
採用した商品

キッチン
 :システムキッチン アミィ(LIXIL)

トイレ
 :アメージュZ(LIXIL)

洗面室
 :洗面化粧台 オクターブ(TOTO)

浴室
 :ユニットバス ラバス(LIXIL)
 

 

家づくりのご要望・目的

二世帯リフォームは 「今」の生活をなるべく崩さない 世帯独立タイプで!

 

一戸建てのご実家でひとり暮らし中のお母様を気遣って ご同居を決めたU様ご夫婦は お互いどちらも気兼ねなく暮らしたいと リフォームをご計画されました。
親子とはいえ 「同居」で これまでの暮らしが大きく変わってしまうのは 年齢に限らず戸惑うもの。 LOHAS studioはご希望に合わせ 二世帯それぞれを独立しプライベートを重視した家への再構築をご提案しました。

施工事例 ビフォー・アフター

親・子世帯で満足! 『互いが気兼ねなく過ごせる家』

 

二世帯ながらも 『お互いが気兼ねなく過ごせ プライベートを確保できるように』 のご希望から LOHAS studioは 両世帯の動線や広さ・使いやすさを考えた世帯独立型のリフォームをご提案しました。
 

共有玄関でも 自分たちの生活エリアに直通できる動線プラン

 

玄関は既存のものを両世帯が共有して使うことに。 共有玄関の場合「親(子)世帯の生活空間を通らないと自分の部屋に行けない」「親(子)世帯のリビング近くの廊下を通るので騒がせてしまう」と心配になりがちですが U様邸では 玄関からすぐに子世帯・親世帯に分かれて入る動線を新設し それぞれの世帯を煩わせることなく 自分たちの生活フロアに真っすぐに入れるよう工夫しました。 子世帯へは玄関に具えた新しい階段から 親世帯へは目隠しに設けた吊り扉を通って入ります。
 

自然素材でぬくもりある子世帯と室温改善した親世帯

 

子世帯・2階フロアは 『せっかくリフォームするなら 自然素材を使いたい』 とLDKの壁は白い珪藻土 床材は温もりのある無垢パイン材(オーク色塗装)で施工しました。 自然素材ならではの優しい景観はもちろん 調湿作用にも優れて健康的です。 4面の窓から光や風がたっぷり届く遮蔽の少ないデザイン性もポイントのひとつ。 明るいLDKに 構造上必要な筋交い・柱が楽しいアクセントを加えています。
キッチンには 優雅な白いキッチンが登場! 軽やかで清潔感ある白いタイルを周囲にあしらってお洒落な雰囲気です。 キッチンカウンターと間仕切りの間には家事の合間に一息つけるワークスペースが完成しました。
親世帯が暮らす1階フロアは 2階の増床のため かつての吹き抜けを塞いで天井を造りました。 インナーサッシを施工した効果もプラスされ 1階フロアはより暖かく快適な室温で過ごせるようになりました。
 

水回りは両世帯それぞれに 自分らしい毎日が始まります

 

キッチンや浴室などの水回りは 1階・2階の各世帯に設備して ご自身の生活がご自身の生活フロアで完結できるように配慮しました。 入浴時の着替えやリビングでの寛ぎタイムなど 人目にふれたくないシーンも ご自身だけの生活スペースなら安心です。 また完全独立型のフロア設計なので 生活リズムが違っていても自分のペースで過ごせます。 万一の時は近くに身内がいるので安心して自分ライフを満喫できますね。

 

施主様の声

 

自然素材が使いたくて、LOHAS studio(OKUTA)に決めました。見させていただいた施工事例も本当に素敵で、そこからキッチンカウンターのイメージも伝えたんですよ。全部楽しかったですね。
打ち合わせも、施工してくれる大工さんが来るのも、楽しみにしていました。おかげでお互いが見守って暮らせる安心な住まいになりました。 

 

使用した主な自然素材


 :パイン材(OKUTAオリジナル)


 :珪藻土(OKUTAオリジナル)

その他
 :建具 パイン建具(OKUTAオリジナル)
 :タイル セリエビアンカ(名古屋モザイク)