プロヴァンススタイルのプティ・ミニヨン

2020年07月26日

清楚な佇まい 洗練されたプロヴァンススタイルのプティ・ミニヨン

430

物件データ

建物種別 一戸建て
施工費用 7,520,000円
工期 56日間
築年数 20年
施工面積 64.82m²
邸名 Mさま邸
採用した商品

キッチン
 :システムキッチン(LIXIL)

洗面室
 :洗面台(ウッドワン)

トイレ
 :便器・アメージュZ(LIXIL)

 

家づくりのご要望・目的

私のイメージがきちんと伝わる だからLOHAS studio!

 

『木の実とスパイスのアレンジメント』 教室を主宰されているM様は 以前から リフォームへの想いがありました。
家の改装は大仕事 簡単に踏み切れるものではありません。 いつしか時が経ち やがて19年後となる昨年 ついに運命といえる出来事が。
ビルトインエアコンの故障をきっかけに 温めてきたリフォームのアイデアを いよいよ実現することをご決断されたのです。

理想の暮らしやデザインイメージはすでに固まっておられた奥様の お目がねに適ったのは LOHAS studioのデザイナーでした。
お好みどおりのデザインができる 頭のなかのイメージが伝わる 気持ちにきちんと向かいあうデザイナーとの出会いと 無垢材をはじめとした自然素材の住宅を得意とするところが ご採用の決め手になったと伺います。

お気に入りのデザイン画像を スクラップブックにたっぷり集め いよいよ10年越しの家創りがはじまります。

 

ビフォー・アフター

プロヴァンススタイルを継承した ゆめ心地の寛ぎ空間

 

ここは日々の雑事を忘れ 自然の恵みに心を潤す 貴婦人たちのサロン。
フランスのエスプリを感じる シンプルで優雅にまとめられた空間が リフォームでついに完成しました。
ナチュラルな白・珪藻土の壁に 深みある無垢の床板 豊潤なボルドーを小気味よくあしらった室内は 南仏・プロヴァンスのスタイルを継承した自然味豊かな寛ぎの雰囲気です。
 

既存利用でもイメージ一変! カーテンでつくるゆとりの大空間

 

既存とほぼ変わらない間取りでも 居室に立つとこれまでのイメージが一変します。
リビングと新設したアトリエの境界は 曲線アーチの開口部に柔らかなドレープカーテンの組み合わせ。 カーテン越しに眺める隣室の風景が リビングと一体的に繋がり ゆとりの大空間を魅せてくれます。
インテリアは パリのチェストや 個性的な照明のラインナップ。 奥様の作品も素敵に飾られ シックでエレガンスな印象です。
白・茶をキーノートにした洗面室はフェミニンな色彩で優美にドレスアップ。 お客さまに“見られても良い”空間に仕上げました。
邸内の建具には、コートダジュールの鎧戸のような頑健な扉を造作。 場所毎に窓・取っ手をアレンジしてこだわりました。
 

教室・居室 どのシーンでも使いやすい家が理想です

 

日常・レッスン中 どのシーンでも“使いやすい”収納計画も取り入れました。
教室用の材料や作品類の管理が“ラク”になる収納充実の「アトリエ」を新設。 リビングから見える位置はオープンタイプのディスプレイに、隠したいゴチャゴチャは見えない場所に棚配置です。 サニタリーをはじめ その他の収納も見直しました。 細部デザインをこだわりつつ スッキリ整理、取り出しやすい収納を増設しています。

 

 

布と光がつくる優雅な空間 -部屋を緩やかに間仕切りするアレンジ-

 

波のようなドレープカーテンを配した室内には 布素材ならではの ふんわりした素材感と先がかすかに見える透明感が生まれました。布が創りだすアンニュイな光彩を強調するのは個性豊かな照明の技。独創的なフォルムは芸術作品そのもの。布と光が調和する 優雅な空間は訪れた人を極上のリラクゼーションに誘ってくれるはず。
 

■施主様の声

もともとインドア派でしたが、リフォーム後はより一層家に居ることが楽しくなりました。
今後は、ダイニングやアトリエのテーブル、窓のサッシなども全体に合わせたものに変えていきたいんです。
こだわりがどんどん増えちゃいますね!

 

使用した主な自然素材

無垢フローリング
珪藻土