思い出住まいの再生

2020年08月20日

思い出住まいの再生

413

物件データ

建物種別 一戸建て
築年数 45年
施工面積 100㎡
施工先住所 東京都多摩市
家族構成 大人2人+子ども2人

家づくりのご要望・目的

<2015年度ジェルコ(JERCO)デザインリフォームコンテスト 全国優秀賞受賞>
 

受け継いだ生家を 耐久性の高い安心の住まいへ

 

仕事のご都合で 大阪住まいをされていた S様ご一家。
東京に戻ることが決まり、ご主人様の生家をご両親から譲り受けました。
思い出のつまったお家を大切にしたいと考えてはいたものの そのまま家族で移り住むには幾つかの心配が・・・。

築年数からくる 全体的な「傷み」や「劣化」。
和室で細かく分断された使い勝手のわるい間取り。
縁側が障子で区切られているために陽が入らず 暗くて寒い“家族つどい”の部屋。

このほか耐震性への不安 将来を見据えたバリアフリー化も頭をよぎります。
ご両親から受け継いだ大切な「家」。
その思い出を消さずに 自分たちの代・こども達の代まで続いていく 安心と快適さを具える家へ“再生”します。

 

ビフォー・アフター

 

あらわし柱や梁の美しい 自然素材と調和するナチュラルな室内

S様邸のリフォームは あらわし柱や梁の美しい自然素材と調和するナチュラルな室内に変わりました。 白い邸内の壁は 調湿とペットのにおい対策に効果のあるしっくい塗装です。 家事室からキッチン・洗面・脱衣室まで 直線でつながる動線に変わり 家事効率がアップ。 奥の家事室へはフレンチスタイルのブリックタイルを使って フェミニンなアーチを造りました。
キッチン正面の和室は 縁側や押入れなどを組み込んでヨーロピアンLDKに大変身! かつてキッチンとの間仕切りだった境目に カフェさながらのお洒落なカウンターが顕われました。
 

窓の種類や位置を見直して 光がさし風が通る快適さに

 

暗く寒かった室内環境は 窓の種類や位置を全体的に見直し 改善しました。
大きな掃きだし窓に変更したリビングは 光がたっぷりと入る明るい室内に。 キッチンでは 出窓を上部窓に造り変え 入った風をリビングを通して家の外まで通す「風の抜け道」を造りました。西側には 西日の緩和と風をキャッチする 縦すべり窓を設置して 光と風のコントロールが図れるように改善しています。
 

広くても冷暖房が効きやすい 温度変化が少ない 省エネ環境

 

1階フロアで十分な広さを持つ S様邸では その広いフロアのどこでも快適に過ごせるよう 温度変化の少ない 室内環境づくりに取り組みました。高性能の断熱材を床下や壁にしっかりと施工し 一般の窓サッシをペアガラスに交換。 気密性を高め さらなる断熱効果アップ! 省エネ環境を創ります。
ご不安のあった耐震面では やせてしまった構造柱を 耐久性のあるヒノキ柱に交換しました。手を抜かずしっかり検証したからこそ 家族が心から安心して過ごせる “長く住み続ける”家が完成しました。

 

 

-ナチュラルな欧風デザイン -アンティークレンガやウッド素材で- -

 

緑の映える優しげなヨーロピアンデザインの外観です。灰色のコンクリート壁や足元 錆びの見えた柱が新築同然にキレイになりました。ロゴのみえる海外アンティークレンガやイタウバ材を使い ハイエンドな印象です。

 

 

-可愛く おしゃれに♪『たっぷり収納』 -まとめてスッキリ!- -

 

可愛すぎる 収納アイデアいっぱいのS様邸です。玄関はコーナーを使った緩いカーブにホワイトの扉の大容量。狭い廊下は壁と同じ白系のスライドドアで出し入れ簡単。おしゃれなニッチも見逃せません! 家事室にあるフワリとしたカーテンの奥は分かりやすく使いやすさ抜群です。

 

 

-リフォームで優しいデザインと住性能をアップ -

 

機能性をそなえたお洒落なデザインアイテムです。アイアン調で雰囲気のある階段手すりは 握りやすさ・すべりにくさがポイント。塗り跡をつけた壁は調湿性・におい対策の漆喰施工。汚れやすい場所の壁や床はタイル貼り。リビングの床は足触りのいいフローリングです。

 

■施主様の声

こども達と話しながら、家事ができ、奥様の憧れだったカフェのような家になったと大満足です。
(ご主人が)育った家で、今度はこども達が成長し やがて家も受け継がれていく。
家を大事にすることで 家族の絆も深まり 大切な思い出も増えていきます。
 

 

使用した主な自然素材

壁など
 : しっくい