「森呼吸」するpassiv haus

2020年09月10日

都心の別荘「森呼吸」するpassiv haus

594

物件データ

建物種別 一戸建て
施工費用 25,870,000円
工期 100日間
築年数 43年
邸名 Kさま邸
家族構成 大人1名、犬1匹
採用した商品

キッチン
:Berry(トクラス)

ユニットバス
:サザナHS(TOTO)

洗面化粧台
:オクターブ(TOTO)

トイレ
:VX-e(LIXIL)

 

家づくりのご要望・目的

おばあさまのお家だった築40年以上の戸建てを受け継いだKさまは、
数年間、間取りや水廻りの不便さを感じながら住まわれていました。

マンションへ移り住むことも検討されましたが、
都心ながらも目の前が大きな公園であるという好立地。
このお家をリノベーションするご決断をされました。

お家内の寒暖差や日当たりの関係で過ごされるお部屋が決まっていたので、
家全体を有効利用できる間取りと、将来的に賃貸にも出せるように、
色は使わずに「白に木の温もり」をコンセプトとしたシンプルなデザインをご希望でした。

 

施工事例 ビフォー・アフター

中心に階段があることで、1Fと2F共にお部屋が左右に分断されていたお住まい。
そこで中心の階段を架け替えてフロアを広げ、
公園の緑を望める2FにLDKと寝室をお作りし、水廻りと客間を1Fへ設けました。

断熱施工のほか、卓越風からサッシの位置や形状を計画し、
室内窓も設けてお家全体に風が通るようなつくりにしています。

耐震補強で必要だった梁は現しにすることで、
お家の中まで公園のグリーンを引きこみました。

玄関正面の階段下には本棚を。
そして緩やかに目隠しする格子や北欧イメージの造作カップボードなど、
シンプルな中にも目を惹くフォーカルポイントをデザインしました。

◆お施主様の声

今までは1Fで料理し2Fに持って行くという、家の南側しか使えていませんでしたが、
過ごしやすい間取りになりました。

収納計画も必要な物を必要な場所に仕舞えるように作ってもらい、
両親が泊まれる部屋もできて良かったです。
自然素材も気持ちよく、窓からの借景も相まって、
遊びに来た友人たちが別荘地に来たかのように喜んでくれます。

 

使用した主な自然素材


 :無垢フローリング(北海道産ナラ節有・パイン/LOHAS material)


 :エコクロス(サンゲツ)

天井
 :エコクロス(サンゲツ)
 :珪藻土(LOHAS material)