フレンチスタイルの家

2020年10月07日

自然素材とお気に入りのアンティークを取り入れたフレンチスタイルの家

389

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り 4LDK -> 3LDK
施工費用 10,830,000円
工期 82日間
築年数 20年
施工面積 65.10m²
施工先住所 神奈川県
邸名 Oさま邸
家族構成 大人2人+子供1人
採用した商品

キッチン
 :本体 LIXIL(リシェル)

洗面室
 :洗面ボウル アドヴァン
トイレ
 :LIXIL 

浴室
 :トクラス(ビュート)

一部塗装 FARROW&BALL

 

家づくりのご要望・目的

便えないキッチンと決別 「フランス田舎家」を目指して
築20年になる、一戸建て住居にお住いのO様ご一家。
ご自宅のキッチンは奥まった場所にあり、そのために不便な毎日を過ごされていました。
買い物に行ったなら、荷物をしまうのもひと苦労です。調理スペースは窮屈で狭いものでした。

また、海外生活をされていたO様はインテリアへの造詣が深く、
アンティークの家具や食器、雑貨にステンドグラスなど、素敵なインテリアを幾つもお持ちでした。
ですが、いざ飾ってみると 内装と合わないためか、イメージ通りに映えません。

そこで思い切ってリフォームを決意。LOHAS studioにご依頼をいただきました。

 

ビフォー・アフター

扉を開けると、そこは洋書の世界・・・ 
お手持ちのアンティークとぴったりの優雅な空間に

「フランスの田舎の家みたいに」 ここはまるでヨーロッパのとある一軒屋。
伝統を愛するヨーロッパの優雅な雰囲気をホワイトを基調に叶えました。
ブラウンカラーを無垢パイン材に塗装、同じく温もりある無垢材でキッチンカウンターを仕上げています。キッチン・カフェコーナーは壁にブリックタイル。洗面台も素材感のあるタイル施工です。
自然を感じるヨーロピアンスタイルの室内は、アンティーク調の家具・食器・雑貨との相性もぴったり。最高のマリアージュです。


水廻りを一新 家事動線のストレスを解消
キッチンはL型にスタイルを変更し、水まわりの間取りを一新しました。
キッチンカウンターを新しく造り、広いスペースを確保した点もポイントに。
収納もたっぷりで、動きやすくスムーズな家事動線になりました。
ご希望のカフェスペースも実現しています。


憧れのコンサバトリーがある 暮らし
陽の光に包まれ、ゆったりと過ごせるコンサバトリー(ガーデンルーム)は、O様の憧れが現実となった居室です。
ブルーグレーの折戸はオーダーメイド。床にタイルを、窓は格子の上げ下げタイプを選択しました。


長年の悩みの種、キッチンを改善!
憧れのコンサバトリーを叶えたO様邸。

古い道具を大切に、長く愛するブロカントの心が根付く
『フレンチスタイルの住まい』で、素敵な毎日がはじまっています。
 

 

使用した主な自然素材

無垢パイン材