間取りを見直してくつろぎの空間へ

2019年04月29日

間取りを見直してくつろぎの空間へ ヨーロピアンクラシカルな住まい

538

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り Before: 4LDK →  After: 3LDK
施工費用 16,200,000円
工期 90日間
築年数 21年
施工面積 84.71m²
物件面積 84.71m²
施工先住所 東京都
邸名・家族構成 Nさま邸・大人2人+子供2人
採用した商品

キッチン
 :アレスタ(LIXIL)

洗面
 :オクターブ(TOTO)

浴室
 :サザナ(TOTO)

トイレ
 :アメージュZ(LIXIL)

建具
 :インナーサッシ(LIXIL) 

 

家づくりのご要望・目的

 

手狭になった住まいを予算内で再生!


お子様が成長されるにつれて、家が手狭になったと感じていたNさまご夫婦。
暗くて孤立しているキッチンや、狭い洗面室や浴室にもご不満でした。

思い切って増築を視野にしたリフォームを検討されましたが、ここで問題が発生!
Nさまは増築だけではなく、耐震補強や断熱工事による住宅性能の改善もご希望です。
増築にはどうしても費用がかかるため、なかなか予算と合わずお悩みでした。

そこで、LOHAS studioでは間取りを工夫して「増築なし」でご希望を叶えるプランを提案。
予算内でこれから先、ずっと心地よく安心して暮らせる住まいへと再生します。

 

ビフォー・アフター

発想の転換! キッチンの移動でひろびろLDK


LOHAS studioが目を付けたのは、日当たりのよい1階の洋室でした。
ここへキッチンを移動させることで、空間のつながった広さのあるLDKに様変わり。
当初のご希望だった対面式のレイアウトとはなりませんでしたが、LDとの間にカウンターを新設してカバーしています。
「料理をしながらおしゃべりを楽しんだり、カウンターに置いた料理を家族が運んでくれます」とNさま。
以前よりも家族とのつながりが深まったご様子です。
 

床面積をムダなく使って 収納たっぷりの住まいに


以前は収納場所が少なくご不満だったNさま。
そこで、間取りを見直しながらあちこちに収納スペースを盛り込んでいます。
玄関先の廊下には壁一面の収納を新設。家族全員分の靴だけでなく、上着まで収まるだけの容量があります。
キッチンの奥にはパントリーを、LDにも壁面に収納スペースを造って、部屋にモノがあふれないようになりました。
 

デザインにも性能にもこだわって 安心して永く暮らせる住まいへ


仕事の関係で、以前ドイツに住んでいたことのあるNさまご家族は、ヨーロッパへ旅行されるのも大好きとのこと。
今回のリフォームではブリックタイルや落ち着いた色合いの無垢材を選んで、ヨーロピアンスタイルにデザインしました。

さらに耐震補強から、断熱材や断熱サッシなどで断熱工事も施しています。
デザインだけでなく住宅性能も格段に向上したお住まいなら、これから先、ずっと心地よく安心して過ごせることでしょう。

 

担当者より

「本当にしたい暮らし」をとことん追求し、間取りやデザインを工夫することで、増築しなくても理想の空間が叶えられるプランを提案しました。例えば増築して広いLDや対面キッチンにすることをご希望でしたが、洋室をLDKと一体化し、家族との交流が楽しめるレイアウトに。また、キッチンとLDの間に下がり壁を設け、奥行き感を出すデザインにするなど発想の転換が間取りのキーポイントでした。