『Hygge』な『Hütte』

2019年04月28日

『Hygge(ヒュッゲ)』な『Hütte(ヒュッテ)』

545

物件データ

建物種別 マンション
間取り Before: 3LDK →  After: 2LDK
施工費用 9,370,000円
工期 61日間
築年数 4年
施工面積 74.64m²
物件面積 -
施工先住所 東京都
邸名・家族構成 Kさま邸・大人2人

家づくりのご要望・目的

<2018 Jackグループ主催 全国リフォームアイデアコンテスト 部位別部門 優秀賞 受賞>

中古リノベで思いのまま -自然が息づく理想の住まいづくり-


転職などをきっかけに、都内でも緑の多い場所へ中古マンションを買って、
リノベーションすることを決意されたKさま。
Kさまご夫婦の中には、お住まいについて揺るぎないビジョンがおありでした。

「趣味が山登りなので、自然や風の流れを感じられるような山小屋(ヒュッテ)にしたい」

「キッチン中心で明るい雰囲気にしたい」

そう仰るKさまがご購入されたのは、2013年に建てられた築浅のマンションです。
まだまだ問題なく使用できる住居設備はそのまま使用し、
ご夫婦が希望される「自然や風の流れを感じられるような」お住まいを叶えるため、
自然素材の扱いに定評のあるLOHAS studioが全力でサポートいたします。

 

ビフォー・アフター

ふたりのヒュッテ -木のぬくもりがあふれる住まい-


登山者が麓や稜線、山頂などで宿泊する山小屋をヒュッテと呼びます。
過酷な山道を進んできた登山者たちの疲れた心身を癒し、明日への気力をチャージする大切な場所です。
そんな山小屋の雰囲気を、LOHAS studioが得意とする自然素材と北欧テイストでアレンジ!

まずはLDKに隣接していた洋室を取り払うことで、LDKにゆとりを確保。
さらに一部をベッドルームにあるW.I.Cと繋げ、こちらのスペースも大幅にアップしました。
W.I.Cには室内窓を付け、外をダークカラーで塗って、まるでショーウィンドウのような作りに。
LDK・ベッドルーム両方のよいアクセントとなっています。

シンプルな住宅設備は既存のまま利用し、床・壁・天井を一新!
経年変化加工の遮音フローリング材でこなれ感のある山小屋らしさを表現し、
珪藻土のホワイトで明るい空間だけでなく、まるで自然の中にいるようなおいしい空気を実現しました。
 

空間ごとに変わる雰囲気を愉しむ


LDKは遮音フローリング×珪藻土×珪藻土。
シンプルナチュラルテイストが強い、珪藻土の白で明るく爽やかな印象。

洋室は遮音フローリング×パネリング×珪藻土。
どっしりとした重厚感があり、ゆったりと落ち着ける環境です。

廊下は遮音フローリング×エコクロス×パネリング。
上下に走る材木の目が奥へと延びて、LDKへ促すような動線に。

自然素材を使うにあたって、空間ごとに床・壁・天井の組み合わせをちょっとずつ変更。
結果それぞれ少しずつ異なる雰囲気をまとって、飽きのこない住まいになりました。
 

■施主様の声


住んでからも"やっぱりこうしておけば良かった"と思うことは一つもないと言って下さいました。
(担当デザイナーより)

 

担当者より

担当デザイナーコメント

既存キッチンとダイニングテーブルの天板の高さを同じにして一体感を出してスッキリさせたいとのご要望がありましたが、
ダイニングの椅子は一般的な高さ、天井高は現状を維持したいとのご要望もあった為、
キッチンの造作壁の仕上げをダイニングテーブルと同じ仕上げ材でご提案し、一体感のあるキッチンとダイニングテーブルに。

キッチン天井の仕上げは不燃のウッドパネルを貼り更に山小屋の雰囲気を演出。
LDKや居室には呼吸する壁「珪藻土」を塗り、リビングドアは無くし開放的で風の流れを感じることができるLDKに。
見せるWIC、造作TVボードやカップボードに愉しさを彩り、心も体も豊かになる家になりました。