オートクチュール・リノベーション

2019年05月09日

オートクチュール・リノベーション -現代の茶の間空間-

560

物件データ

建物種別 マンション
間取り -
施工費用 21,000,000円
工期 75日間
築年数 19年
施工面積 86.87m²
物件面積 86.87m²
施工先住所 埼玉県
邸名・家族構成 Oさま邸・大人2人+子供1人
採用した商品

キッチン
 :レミュー(タカラスタンダード)
 :デリシア(Rinnai)

浴室
 :リモデル(TOTO)

トイレ
 :ネオレスト(TOTO)

その他
 :掘りごたつ(Panasonic)

 

家づくりのご要望・目的

<第26回 「ジェルコリフォームコンテスト2018 関東甲信越支部」 最優秀賞 受賞>

結婚20周年を機に同じマンション内でも眺望のよい角部屋へと住み替えられたOさま。
構造上制約のある中、スケルトンリノベーションで、最大限機能的でデザイン性も優れた、
リゾートのようにくつろげる空間にしたいと仰います。

他にも使い勝手のよいキッチンや、収納たっぷりのサニタリーなど……理想のお住まいへのご要望は尽きません。
意匠性と住みやすさの両方を兼ね備えながら、オリジナリティあふれるリノベーションならではの空間づくりを、
豊富な経験を持つプロの目線でひとつひとつ叶えてゆきます。

 

ビフォー・アフター

オートクチュールの和の設え -美しい格子の宴-

リノベーションならではの特別な空間づくりをご要望だったOさま。
その中でも一際目を惹くのが、完全オーダーメイドで作られた小上がり和室ダイニングです。
中央には掘りごたつを、キッチン側にはカウンターを設置して、足が入れられる段差を設けました。
PCワークやお子様の宿題タイムに加え、ちょっとした食事の際に、
またホームパーティーの時には料理を置くスペースとしても便利なのだとか。

照明には、印象的なルイスポールセンの「パテラ」をチョイス。
昼夜を問わずいつ見ても絵になる、洗練された和モダンの設えとなりました。
 

難しい希望もオートクチュールで -使いやすいが詰まった夢のキッチン-

キッチンの家電収納は一見、普通のホワイトベースのエレガントなキャビネットですが、
下の扉からはスライドの棚が!使っていない時はスッキリと仕舞える炊飯器収納が潜んでいます。

また天板の下には格納式の配膳テーブルが3面隠れていて、こちらも使いたい時だけ引き出すことができます。
毎日お弁当作りをされ、作業スペースがもっとたくさん欲しいと仰る奥様のため、配膳テーブルを造作。
プッシュすると飛び出る仕掛けへともう一工夫!
取っ手を付ける必要がなくなり、見た目もよりスマートになりました。
 

住宅性能も改善して住み心地アップ!理想的なお住まいへ

購入時に湿気が多くカビが発生しやすいとわかったので、外周部には断熱材であるセルロースファイバーを入れ、
調湿効果のある珪藻土でラフに仕上げています。

また角部屋という特徴を最大限に活かすために間取りをプランニング。
3面から光を採り入れ風通しもよく、眺望に恵まれた心地よいLDとなりました。

Oさまからも「リゾート気分で毎日癒されています。理想的な家を手に入れました」とお喜びの声をいただいています。