二世帯パッシブリノベーション

2019年07月07日

暑さ寒さを解消し子どもにも祖父母にもやさしい!二世帯パッシブリノベーション

566

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り After:3LDK+1LDK
施工費用 32,000,000円
工期 120日間
築年数 26年
施工面積 165m²
物件面積 165m²
施工先住所 埼玉県
邸名・家族構成 Tさま邸・Hさま邸・大人4人+子供1人
採用した商品

キッチン 
 :システムキッチン スイージー(ウッドワン)

浴室
 :システムバス(YAMAHA)

サッシ
 :Low-Eガラス使用高断熱サッシ(YKK-AP)

 

家づくりのご要望・目的

お子さまの誕生をきっかけに、奥様のご実家で二世帯での暮らしをご検討されていました。
1階を親世帯、2階を子世帯に完全分離型にしたいということでしたが、窮屈な暮らしにはしたくないということで、ゆとりのある間取りをご希望されました。
大規模改修となるため建て替えも視野に入れながら複数の施工会社をご検討。
LOHAS studioからの思い切った増築の提案と「passiv design(パッシブデザイン/2015グッドデザイン受賞)」という
高断熱リノベーションにご共感頂き、リノベーションをご選択されました。

 

フォー・アフター

夏は涼しく、冬あたたかい我が家へ

間取り変更に伴い大規模改修となるため、これからも長く快適に住まうために、このタイミングでしかできない断熱・耐震改修を施すことをご選択されました。
「passiv design」の設計により住宅性能を大幅に向上させ、自然素材のぬくもりを感じながら、
家中の温度差が少なく四季を通して快適な住まいを実現されました。
 

二世帯間のほどよい距離感

当初は水回りを含めた完全分離型の二世帯住宅をご希望されていましたが、
プランニングを進める中で、広さを妥協した浴室を2つ作るよりも、共同の広い浴室を設置することに。
共有部分が一つあることで毎日のコミュニケーションが生まれ、お子さまもご祖父母様のところへ遊びに行きやすく、程よい距離感となりました。

浴室の隣は脱衣室とし、親世帯の洗面と洗濯機は別途設置することで、大人数で使用しても不便のないよう工夫しています。

 

お客様の声

「お家の良さは特に真冬に感じます。リビングは以前よりも広くなっていますが、以前使用していたストーブ1台で十分まかなうことができ、少しつけておけば温まります。朝晩の冷え込みも解消し、朝は目覚めるとすぐに布団から出て動き始めています。」

「住宅性能を向上させる『passiv design』という設計は、初めは『実際はどうなんだろう…』と思っていましたが、現場見学会に参加した際に、施工中の壁の中の様子を見たり、完工後のお宅を体感することができ、納得して選択することができました。実際に住んでみると、とても快適で光熱費も思っていたよりずっと安く、これから長く住むことを考えれば高くないコストでした。」