-家族あつまる快適リビング-

2019年12月08日

「狭さ解消」は魔法のプランで -家族あつまる快適リビング-

405

物件データ

建物種別 一戸建て
間取り -
施工費用 約15000000円
工期 70日間
築年数 40年
施工面積 約74m²
物件面積 -
施工先住所 東京都練馬区
邸名・家族構成 Iさま邸+大人2人+子供2人
採用した商品

照明
 :ルイスポールセン

 

家づくりのご要望・目的

リフォーム前提で中古物件を購入! 2度目のリフォーム、依頼先は決めていました

お子様のご進学の際、学区が変わってしまう恐れがあったI様は「同じ学区で居続けたい」その想いから引越しを決めました。新居には中古物件をご計画。購入物件を「好みのデザイン」にリフォームするプランです。
希望地に見つかった中古物件は築40年・戸建て住宅でした。
 

新しいみんなの家づくり「みんなが集まるリビング」をつくろう!

前のお住まいでLOHAS studioでのリフォーム経験のあったI様は、ご自宅でのリフォーム実績や現場で働くスタッフの人柄。弊社のインテリアデザイナーが得意とする「北欧」「自然素材」の世界観。企業理念に及ぶ深いご理解とご共感をくださり、再びのご依頼を頂きました。
新しい“間取り”は「お子様との時間を充実させる集いのリビング」をご要望です。室内は自然素材で。これはアレルギーのあるお子様への思いやり。それとお好きな風合いや見映えだったこともポイントです。
デザインはご夫婦で別アイデアが。奥様は「古民家カフェ風」ご主人様は「ホテルで生活しているようなテイスト」。
ほか「お気に入りの家具をもっと素敵に見せたい。」「家が狭く感じる」など、期待・心配をすべて伺い、多彩なアイデアを互いに損なわない、丁寧なプランニングで“新しいみんなの家づくり”を進めました。

 

ビフォー・アフター

家族も友人も!みんなが大好きなあったかLDKができました

「家族が集まるリビング」がついに完成した邸内は、家族みんなが集まる、そしてお子様のご友人までファンになってしまう格別の心地よさになりました。冬でも裸足で過ごせる、驚きの快適さです。
間取りは実際より「広さ」を感じる魔法の設計。「視線の抜け」を織り込みました。和室・床の間をLDKに統一、キッチンを移して間取りを再編成。残すべき柱は元気なアクセントカラーを着せて生活ゾーンを示しました。壁・天井は漆喰、床フローリングはナラ材(1F)・パイン材(2F)の自然素材です。
 

光広がる魔法のトンネル 2階の景色はリゾートホテル

魔法の「抜け感」は全室に反映。玄関脇に新設した拭きぬけは明るい光のトンネル。挿しこむ光を見上げると視線が広がります。2Fは天井材を外して背を高くとり上下空間を広げました。頭上に太い梁が構える景色はご主人が欲しかった「リゾートホテル」の姿。床材と天井はトーンを揃え、まとまりある世界観です。
 

使うひとがテーマを決めた! 家族取り合いのプレミアム個室

ご家族の個室は、ひとり一人がテーマを決めました。音の響く三角屋根はご長男の「音楽室」。わくわく感いっぱい・二段ベット付はご次男の「秘密基地」。ご夫婦は搬入業者様も驚嘆の「軽井沢の高原ペンション風」。「家族で取り合いになってしまう」と仰る完成度の高さ。家族ぐるみでご満足頂けているご様子です。
奥様・ご要望の「古民家カフェ」もキッチンで実現。仕切り板を取るだけでカウンターに変わる造作棚で機能性とおしゃれを両立しました。

 

狭さを感じない魔法のプラン -暮らし目線のプランニング-
I様邸では「狭さ解消」に、様々な「魔法」が施されました。
大きめクローゼットは「折り戸」で省スペース化。両扉オープンでも使用OKです。2階は梁を見せて広さ・高さを造りました。LDK内収納は視線にぶつからない低身長・扉のないオープンタイプを心がけ圧迫感が無いように。人の集まる場所から「その視線の先」に窓を設け、視線を遠くに導く手法も巧みなプログラムのひとつです。無意識に働きかる設計プランはもう「魔法」の域。熟練デザイナーが住む人の目線に立って編み出した技アリのプランです。
 

■施主様の声

二度目のリフォームもやっぱりLOHAS studio(OKUTA)さんに頼んでよかった!
冬でも毎日裸足で過ごせる快適さです。また、家に帰ってきてもあたたかい。子どものお友達がくると何時間も家で過ごすこともしばしばです。家そのもの特にリビングがみんなの集まる場所になりました。
最初のリフォームで(施工先を選んでいるとき)「ガイアの夜明け」で練馬店を見て、ホームページで調べました。雑誌『中古を買ってリフォームしよう』の掲載も見ました。主人がアウトドア趣味で自然が好きだったことから自然素材に興味を持ちましたし、子どもがアレルギーを持っていたこともあり、LOHAS studioに興味をもちました。LOHAS studioは「北欧デザイン」+「自然素材をつかってくれる会社」というイメージです。
(打合せに行くと) 毎回「阿久津マジック(担当デザイナー)」が登場し、打ち合わせの場でも新しい提案がありました。言葉にできない希望を丁寧にくみ取っていただけました。「面積が狭い分、広さをいかに出すか」が悩んだポイントでしたが縦に伸ばして視線を抜くことを多用してくれたことで当初の悩みだった「狭さ」を解決してくれました。
もともと自分たちでテーマを選んで部屋をつくりましたが、どの部屋も取り合いになるほど満足度が高いです。