No.470

耐震性もアップ! カントリースタイルにチェンジする自然派リフォーム!

LOHAS studio

470
物件種目 一戸建て

物件データ

間取り Before: 6DK →  After: 5LDK
施工費用 13,260,000円
工期 約90日間
築年数 17年
施工面積 145.73m²
物件面積 -
施工先住所 埼玉県
邸名 Aさま邸
家族構成 -
採用した商品

キッチン
 :システムキッチン(ウッドワン)

洗面室
 :1階化粧台(ウッドワン) 2階化粧台(ノーリツ(2階)


 :1・2階トイレ(LIXIL)

 

家づくりのご要望・目的

「子ども3人分の個室」と「家族が集うLDK」をリフォームで叶える!

3人のお子様それぞれに「子ども部屋」を用意したいと 戸建・2階フロア中心のリフォームを検討されていた A様ご夫婦。
相談を進めるなか 当初想定していた2階のほか 1階にも手を加え 『家族が集うLDK』を創りたいと 邸内全体の刷新をご決断されました。 
A様ご一家にとって一番暮らしやすい「快適さ」を追求した家をリフォームで叶えます。

 

ビフォー・アフター

現代の「断熱」「機器」が可能にする 快適な大空間リフォーム

約17年前に竣工されたA様邸は 当時一般的といえる「部屋数 多め」「部屋サイズ6畳・8畳」の設計です。 従来と違い 断熱素材や冷暖房機器が向上したことで 大きな間取りでも快適な温熱環境を造ることが可能になりました。 A様邸でもリフォームを機会に断熱工事を施し 『ご家族が集える』 悠々とした広さの快適なLDK空間を造りました。
 

邸内全体を見直して ライフスタイルに最適な家に

リフォームで南側に完成したLDKは 1階にあった4室(DK含・縁側付)のうち 2室と縁側をひとつにまとめることで その開放的な広さを創りました。 南側のため採光がよく明るい室内です。 北側にあった元DKは ウォークインクローゼット付の主寝室に変更しました。 
リフォームのメイン 「お子様用に3室を確保する」 2階フロアは 大がかりな間取り変更をせず クローゼットを室内に組み込む・廊下にするといった細かな工夫で 「同じサイズ」の3つの子ども室を用意しました。 
1階フロアは 大きく間取りを見直すことで 水まわりの配置を再検討でき LDK・キッチン・洗面がつながる 無駄な動きを省いた便利な動線が完成しました。 主寝室や和室など1階をひと巡りする回遊動線にもなり 暮らしやすさ・家事の効率化につながっています。
 

以前より耐震性能がアップ 計画的な収納プランで暮らしやすさを強化!

1階フロアの間取り変更を前に LOHAS studioでは家全体の耐震診断を入念に実施しました。 診断結果をもとした耐震施工の実施で 以前より高い耐震性能を具える結果となりました。
温もりあるナチュラル・カントリーなデザインテイストはもちろん 見えない部分での安心も担保して理想のお住まいを叶えたA様邸。
「暮らしやすい」の鍵となる「収納力」にも目を配り 間取りのデッドスペースを埋めるように収納をご計画。 ぴったりサイズの造作家具を創るなど見映え面にも配慮して造作した スッキリと使いやすい収納空間もポイントのひとつです。
 

■施主様の声

自分たちのイメージに合う会社を雑誌で探していたところ、LOHAS studioを見つけてホームページをチェック。リフォームの実例が気に入り、相談しました。こだわりを実現したくて、打ち合わせの他にもメールでかなり細かくやりとりさせてもらいましたが、毎回誠実に回答や提案をしていただいたのも良かったです。 

 

470-1

柱・筋交いが木立のように感じるナチュラルなLDKです。透明感ある床は無垢パイン材、質感ある白壁は珪藻土を施工しています。自然素材を使ってカントリーテイストのデザインを創りました。

 

470-2

リビングを眺めるオープンタイプのキッチンです。2室+縁側をひとつにまとめ壁を無くし大空間を造りました。シンクをL字に囲んだ腰壁が淡いピンクのキッチンと好相性。シンク前にはニッチを造り小瓶や小物が置けるように。棚やパントリーを新設して収納力も上がりました。

 

470-3

日当たりのよい南側に移動したLDです。間取り変更に先駆けて家まるごとの耐震診断を実施。補強工事をしっかり行い、安心の大空間を造りました。なんと耐震性能はリフォーム前を上回る結果に。ほか水回りを巡る便利な回遊動線のほか、お子様全員の個室も実現。

 

470-4

お子様用の個室です。「どの部屋も同じサイズに」のご意向に合わせ元クロゼットを組み込むなど工夫し『お揃い』の部屋を造作しました。北部屋にある構造上外せない柱は白クロスを使ってお洒落に装飾。空間に素敵なアクセントを創りました。

 

470-5

玄関すぐの仏間付き和室です。玄関から数歩の距離にあり 万一足元が不安な方にも安心。ホストにとっては「部屋の片づけ」もなくすぐにお通しできる安心感も。引き戸でリビングと隣接し普段は家事室に大活躍。天井には着脱式の物干し竿を完備です。

 

470-6

LDKのパソコンコーナー+ディスプレイ収納です。デスク周辺はコンパクトに設計しPC機器に加えて収納も確保。右手の収納スペースは表面をザックリ仕上げ手作り感を出し左右の窓には木をクロスするなどカントリー風のデザインに仕上げました。

 

470-7

白壁にモザイクタイルが映える爽やかな洗面室です。水彩ようにの色のにじんだタイルが透明感をプラス。かぎ状に設えた動線の片側はキッチン、他方は廊下につながり1階を一周できる回遊動線の一部になりました。水まわりがつながる動線で家事ラクを後押し。

 

470-8

リフォームで明るくなった1・2階のトイレです。広い間取りの1階トイレを必要な大きさにリサイズし、余った通路側に「物入れ」を造作。間取り内のデッドスペースを見極めることで「収納」を増やせます。2階は内装を刷新し落ち着ける雰囲気を創りました。

 

470-9

アーチの下がり壁が印象的な玄関です。リビングにも同じデザインを入れて世界観を1つに。土間まで張り出すシューズインクロークは隣接のDKを一部活用。5人家族の靴・傘がたっぷり入ります。壁は板張りから白クロスに変更しLDK側に内窓を造りました。玄関とリビングがゆるくつながります。

 

使用した主な自然素材

床(LDK 主寝室ほか)
 : 無垢パイン材(ナチュラルオーク塗装)(LOHASmaterial)

壁(LDK)
 : EM珪藻土(LOHASmaterial)

 

担当者より

担当デザイナーコメント

リフォームイメージが明確だったA様ご夫婦。LOHAS studioでは、ご夫婦が想い描く以上の空間を実現できるよう、細部までこだわりました。A様がコレクションしていた小物や雑貨を、できるだけ飾って楽しめるよう、随所に飾り棚やニッチなどを新設。また、今回特に工夫したのは、リビングに設けた、収納兼電話やカレンダーを置いた情報共有コーナー。両壁の筋交いを現しにし、さらに正面・左右に優雅な下がり壁をつけて、リビングのシンボルとなるようデザイン。困難な施工を職人の匠の技で実現可能にした、特別なコーナーになりました。 

 

担当店舗

LOHAS studio熊谷店

【passiv design】自然派パッシブデザインリフォーム第一号店として、2012年にリニューアルオープンした熊谷店。コンセプトは、「Hygge(ヒュッゲ)×GREEN。シンプルな空間と暮らしの中にグリーンが共生する癒しとくつろぎの北欧LOHAS Style」。 店内には北欧家具とLOHAS studioオリジナル家具を設置し、自然素材の作る快適な室内環境を五感で体感していただけます。 店の内外に置かれたグリーンが、シンプルな空間に癒しと彩りを添えています。心地よい空間で安らぎながら、家づくりについてお話をしませんか?