No.520

季節の桜を眺めて過ごす -四季を愉しむ贅沢な暮らし

LOHAS studio

520
物件種目 一戸建て

物件データ

間取り -
施工費用 -
工期 -
築年数 20年
施工面積 85m²
物件面積 85m²
施工先住所 東京都
邸名 Kさま邸
家族構成 大人2人
採用した商品

家具
 :KOMA

 

 

 

家づくりのご要望・目的

「桜」 を眺める室内に -快適が続くご自宅にリフォーム&リノベーション-

『今後20年先まで快適に暮らせるように』 K様ご夫婦は 将来にわたって心地よい暮らしが送れるように 築20年のお住まいをリフォーム&リノベーションすることにされました。
断熱性や耐震性 自然素材を使ったナチュラルな素材のほか 今回の改装でなによりご期待されていたのは 庭木の 「桜」 が良く見える 窓の配置や間取りの変更。 「季節の樹々を愉しめる窓があればどんなにいいか…」 そのご要望にお応えして ご満足いただけれる憩いのご自宅を創ります。

 

ビフォー・アフター

室内にいながら四季を楽しめる最高のギャラリースペースが完成!

吹き抜けから日光が差し込むリビングで四季の彩りを楽しめる 最高のギャラリースペースがリフォーム&リノベーションで完成しました。 
白基調の空間に木素材の深みある色合いを重ねた邸内は 重厚で悠然とした雰囲気です。 一角には斜天井を造り 太く頼もしい梁をあらわにしました。 元々あった小上がりはすっきりとモダンな装いに衣装を替え、ご所有の書籍コレクションはノスタルジックな足踏みミシンと共にオープンスタイルの書斎兼家事室にすっきりとディスプレイされました。 収納の数々は 整理上手な奥様の目線で 特に使い勝手にこだわっています。 
 

桜を眺める居心地の良い暮らし -調和のとれた家具・収納-

「毎日過ごす中で "桜の木が良く見える場所" があればどんなにいいか…」 と切望されていた風景は 既存収納分をなくし 新規にサッシを取り付けることで実現しました。 かつてその場にあった収納の代わりには 意匠性のあるデザイン家具をオーダーして配置。 ご主人様のこだわりを反映したリビング収納は 窓の景色とも素晴らしく調和し コーナー全体に素敵な雰囲気が宿りました。
 

広く見渡せるゆとりの室内で 四季折々を味わって

断熱性や耐震性を高める工事を実施したことで 細かな間仕切りが不要となり 小間を無くした大きなワンフロアをご用意できました。
これからはTV前のリビングはもちろん 一番奥の小上がりからも 窓ごしの樹々を存分に楽しめます。 春は可憐な桜花を 冬は枝につもる雪景色を 季節の移ろいが待ち遠しい 新しい生活が始まっています。 

 

 

520-1

傾斜のある天井に存在感のある梁を見せた上質な印象のリビングです。斑色が豊かな無垢フローリングで床一面をリズミカルに仕上げました。キッチンと共用のキャビネットも造作。

 

520-2

グリーン色の愛らしいキッチンです。壁面に光沢の美しいブリックタイル、床にはシックな色彩で焼きムラのあるテラコッタ調タイルを施工。表情のある素材選びで上品な雰囲気に完成。

 

520-3

純和風からモダンな装いに模様がえした小上がりです。縁のない琉球畳やバイカラーのふすま、壁色を明るい白に変更することでガラリと違った空間に変わりました。

 

520-4

たくさんの書籍に囲まれた収納力抜群の書斎兼家事室です。壁いっぱいの書棚は棚色を邸内カラーに合わせ落着きある景観に。レトロ感あるミシンを中心に見ごたえのある一角です。

 

520-5

カラフルに色を散りばめた大人可愛い個室です。アースカラーの天井・壁で優しくナチュラルな雰囲気に。室内には収納スペースも多数ご用意。壁のバックコレクションが素敵です。

 

520-6

白をメインにした明るい玄関です。奥に視界が抜けていく伸びやかな室内観です。壁のニッチがワンポイントに。大きな玄関収納で足元はいつもすっきり。

 

520-7

リッチな手焼き風タイルを床施工した清潔感ある洗面室です。天吊り収納を室内に合わせて横長に設置しました。一部はハンガーパイプ内蔵で室内干しもOKです。

 

520-8

ブルーのアクセント壁が爽やかな浴室です。浴槽側には入浴の出入り時に安心な補助用の手すりを設置しました。

 

520-9

趣きの異なるトイレ2か所です。左)メンズライクな色調でスタイリッシュ。小さく便利な棚を造作。 右)小さなタイルラインや温かみのある床色でフェミニンな雰囲気です。

 

使用した主な自然素材


 :無垢フローリング

ほか
 :珪藻土

 

 

担当店舗

LOHAS studio所沢店