No.546

廊下もリビング -家族の集うLDK-

LOHASstudio

546
物件種目 マンション

物件データ

間取り Before: 3LDK →  After: 3LDK
施工費用 14,630,000円
工期 90日間
築年数 13年
施工面積 77.0m²
物件面積 77.0m²
施工先住所 神奈川県
邸名 Aさま邸
家族構成 大人2人+子供3人
用した商品
キッチン スイージー(ウッドワン)※LOHAS OIL ナチュラルオーク塗装
浴室 伸びの美浴室(タカラスタンダード)
トイレ ココレ(LIXIL)

家づくりのご要望・目的

間取りを見直して希望通りに! -全部叶えるよくばりリフォーム-


三姉妹のお子様が成長されるにつれて、住まいに勉強部屋の確保をしたいとお考えになられたAさま。
そのご要望をリフォームで叶えるにあたり、他にも気になるポイントが浮上しました。

せっかくリフォームするなら、家族の集まるリビングをもっと心地よい場所にしたい。

今のLDは和室と繋がってはいるものの、部屋が区切られていてご家族5人が住まうには少々窮屈な印象です。
Aさまご家族がこれからを心地よく過ごすため、LOHAS studioが間取りから見直しを行いました。

 

廊下もリビングの一部に。より広がりが感じられる空間へ


まずは勉強部屋のスペースを用意するために、キッチンの場所をLDへお引越し。
和室をLDの中へ取り込んで、対面式のキッチンに交換してもゆとりのある広さを確保しました。
また、LDKと廊下をつなぐ扉を玄関前まで大移動させ、廊下もリビングの一部としています。
 

狭さを活かして、集中できる勉強スペースを新設!


キッチンのあったスペースは、Aさま待望の勉強部屋に。
リビングと繋がっていた特徴を活かして、壁面には小さな室内窓を机の前に造作しました。
キッチンで家事をしている奥様からはお子様の様子が見守れる設計となっています。
更にキッチン側の鮮やかな青い壁は、アクセントになるだけでなく、なんとマグネット仕様。
お子様の学校の行事のプリントなどを留められているそうです。
 

◆お施主様の声


収納が多く、家の中がスッキリ片付いた。子どもが集中して勉強出来るようになった。
廊下がリビングと一体になっているので以前より広く感じる。

 

546-1

ナチュラルな雰囲気のLDKです。和室を取り込んでキッチンをお引越しさせ、ひとつながりの大きな空間に収まるようになりました。更には廊下もリビングの一部として取り入れることによって、のびのびとした印象を強めています。

 

546-2

台形を敷き詰めたような壁面のタイルがお洒落なキッチンです。壁面の収納カウンターはウッドワン製ですが、特注でLOHASオイル塗装とすることにより、他の家具や床と色味を合わせることに成功しています。

 

546-3

元は和室だったリビングです。家具を造作して収めたいものがスッキリと収まる場所となりました。陽射しの当たる窓際には、家族がゆったりとくつろげるようにベンチベッドも設けています。

 

546-4

ごろりと横たわって休憩を取ることもできるベンチベッドです。同じ材木で背もたれバーをさり気なく取り付けてあるため、お子様でも安心。ちょっとした物を下にしまうこともでき便利です。

 

546-5

ポップな雰囲気で可愛らしいこども部屋です。壁も真ん中で貼り分けてとびきり可愛くし、床はフローリングを施工した後からランダムに赤と緑で塗り分けています。

 

546-6

切望されていたお子様の勉強スペースを、元はキッチンのあった場所へ作りました。デスクの前に作りつけられた室内窓でお互いの空気感が感じられ、自然と集中できるような仕組みとなっています。

 

546-7

LDKと繋がった廊下にもってきた洗面台です。あえてここに移動させることによって、玄関から帰ってそのまま手洗いができるといったメリットも。釉薬の独特の風合いが美しいタイルを施工し、インテリアのアクセントとなっています。

 

546-8

洋室の一部を取り込んで、横に長く空間を確保した玄関です。オープン棚を用意することで、あふれそうだった靴もスッキリ。有孔ボードを壁面に取り付けて帽子や鍵をひっかければ、出かける前にサッと取ることが出来て便利です。

 

使用した主な自然素材


 :無垢フローリング(パイン/LOHAS material)


 :珪藻土(LOHAS material)

天井
 :珪藻土(LOHAS material)

 

担当者より

 

家族が集まるリビングは極力広く、かつ小分けになる子ども部屋にもなるべく閉鎖感や窮屈感を感じさせないよう
室内窓を造作し、キッチンやリビング空間の気配を感じられる勉強部屋とした。

またリビングドアは玄関に設置し廊下もリビングの一部とすることで、普段は子ども部屋のドアを開放して過ごし、
より部屋の広がりが感じられるようにした。二つの子ども部屋の間の収納は両面より使用出来るのと同時に両面の扉を
開放すれば三姉妹がお互いの気配を感じられるつくりとなっている。

リビングには窓側に収納を兼ねたベンチベッドを造作し五人の家族が各々好きな場所で好きなくつろぎ方を出来るスタイルとした。
洗面台は廊下に設置し、あえて見せるつくりでリビングのアクセントとして取り入れた。

 

担当店舗

LOHASstudioハウスクエア横浜店

 

LOHAS studioハウスクエア横浜店は、シンプルなデザインの中に、壁には珪藻土を塗り、床は無垢材を使用するなど自然素材の温もりを生かし、LOHASなスタイルを創造できる空間となっています。スタッフこだわりのおいしいお茶やドリンクをご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。ちょっとした収納のご相談から、デザインリフォームのご相談まで、お気軽にお声掛けください。